クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー) melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲアイテムを販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、Tシャツ、クッション、マスク、スマホケースなどのグッズは、日常に癒しを求めている方におすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

クリオネは貝の仲間?気になる生態やエサ、飼育のポイントを紹介

海辺に浮かぶ貝殻

 

クリオネは実は貝だった!?その生態や飼育法について

 

この記事を読むための時間:3分

 

天使のような姿で海を漂うクリオネ♪その可愛らしい外見の一方、獲物を捕獲する時は姿を変えることでも知られています。

 

クリオネの生態やエサ、飼育方法は、他の海の生物と異なる点も多くユニークです。今回は、そんなクリオネの魅力について詳しくご紹介していきます。

 

クリオネは貝の仲間

クリオネはハダカカメガイ科クリオネ属に含まれる生物で、実は巻貝の一種です。ですが、クリオネに貝は付いていないですよね?そう、クリオネは貝の中身の姿なのです。

 

生息しているクリオネの体長は1~3㎝ほどとなっていますが、場所によっては10㎝ほどの成長することも。大きいクリオネ、一回は見てみたい気がしますよね♪生息しているのは水面から200~1000mの深海で、このエリアにはダイオウイカなども生息しています。

 

クリオネは北海道にも生息していて、オホーツク海では2016年新種のクリオネも発見されました。このクリオネは「クリオネオホーテンシス」と名付けられています。

 

新種は富山湾でも見つかっていて、これは日本海のみに生息していることも判明しています。クリオネは比較的寒いエリアの海に生息する生物ですが、富山湾は北半球の中でも南側にあるエリア。考えられていた生態の常識を覆しました。

 

クリオネといえば透き通った体が特徴ですが、これは体内のたんぱく質が非常に良質で純度が高いため。クリオネの他にも深海で生息しているユメナマコなどは同様に体が透けています。

 

クリオネのエサは?

海を漂うクリオネは羽のようなものを動かしていますよね?あれは「翼足(よくそく)」と呼ばれるヒレになります。このヒレを動かして泳ぐ姿がまるで妖精のように見えますよね♪

 

そんなクリオネは獲物を捕食する時、頭部が割れて「バッカルコーン」という触手を出し、獲物を捕らえます。クリオネは8ミリほどの巻貝をエサにしていて、触手で獲物を捕らえたら貝から身を出して食べます。

 

ところが、クリオネのエサである「ミジンウキマイマイ」はどんどん数が減ってきています。クリオネはミジンウキマイマイを半年~1年の間に1匹食べれば生き延びることができるとはいえ、クリオネの生息が確認されている富山湾は水の入れ替わりが少ないこともあり、クリオネも絶滅してしまうのでは?と懸念されています。

 

クリオネを飼う方法と寿命について

珍しい印象があるクリオネですが、実は自宅で飼育することもできます。ペットショップには飼育キットも販売されていますし、海水なども人工で作れるので、興味がある方は飼ってみるのも良いでしょう。

 

クリオネは水温を10℃前後に保たなければならないため、水槽や瓶などに入れて冷蔵庫で飼育するのがおすすめ。2週間に1回ほどは水替えも行うようにしましょう。

 

また、クリオネは飼育できてもエサであるミジンウキマイマイがなかなか手に入らないので、飼育しても餓死するのを待つ形となってしまいます。そのため飼育期間は大体1年ほどとなります。水温の温度変化はクリオネの命に関わるので、冷蔵庫から常温に出して観察する時などは十分注意しましょう。

 

また、自然界のクリオネの天敵はクラゲです。ですが、クラゲと一緒に行動しているヒペリイドに寄生するので、捕食されることはほぼありません。クリオネは共存関係を利用することができるので、外敵に襲われる危険を回避しながら生き延びることができるのです。

 

クリオネが楽しめる図鑑「ほんとのおおきさ水族館」

クリオネをはじめ、イルカやラッコなどの海の生物を原寸大の写真で楽しめる新しいタイプの図鑑♪皮膚やウロコの質感まで楽しい本となっているので、気になる方はこの機会にぜひ手に取ってみてください★

関連情報

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲアイテムを
販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、
Tシャツ、クッション、マスク、スマホケースなどのグッズは、日常に癒しを求めている方に
おすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

屋号 melly velly jelly(メリーベリージェリー)
住所 〒155-0033
東京都世田谷区代田2-13-13
営業時間 12:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 中田和代 (ナカタカズヨ)
E-mail info@mellyvellyjelly.com

コメントは受け付けていません。

特集