クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー) melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲグッズを販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、アクセサリー、雑貨、インテリアなどのアイテムは、日常に癒しを求めている方におすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

チンアナゴの生態とは?種類ごとの全長や、名前の由来が丸わかり!

チンアナゴ

 

水族館の愛らしい人気者「チンアナゴ」の生態に迫ります♪

 

この記事を読むための時間:3分

 

チンアナゴは水族館でも大人気!愛らしい見た目はもちろん、砂から顔を出してゆらゆらと揺れている姿に癒された人も多いのではないでしょうか?この記事を読むことで、あなたもチンアナゴの生態や全長、名前の由来などが分かりますよ。

 

なんで「チンアナゴ」って名前なの?

チンアナゴは英名で「Spotted Garden Eel」といいます。Spottedは体にある斑点模様から、Eelはウナギの類の魚という意味から、Gardenはチンアナゴが顔を出しているさまが庭の植物に似ていることから名付けられました。
和名である「チンアナゴ」を漢字で書くと「狆穴子」と書きます。正面から見たときに、狆(チン)という、顔が平たく目が大きい犬に似ていることが由来だそうです。

 

チンアナゴっていったい何?どこにいるの?

ウナギ目アナゴ科に属する海水魚で、脊索動物の一種です。一見すると魚には見えない見た目ですが、よく見ると体の側面に小さな胸びれと背中に透明の背びれが体を囲むようについています。熱帯から亜熱帯域の海でサンゴ礁付近の砂地(水深15~20m)に住んでおり、日本でも伊豆や沖縄などで姿を見ることができるそうです。

 

チンアナゴの暮らしや性格とは?

体の3分の2ほどを巣穴に埋めて暮らしており、食事の時も出てくることはありません。アナゴといえば夜行性のイメージですが、チンアナゴは昼間にプランクトンを食べ、夜は巣穴で眠る生活をします。
潮の流れに乗って主食のプランクトンが流れてきたら食べるために、群れで同じ方向を向いています。なかには食べることに夢中になりすぎて、他のチンアナゴと絡まってしまうこともあるんだとか。。

 

なぜ砂の中にいるの?チンアナゴの生態は?

「どうして砂に埋まっているんだろう」と思ったことはありませんか?これは何もしていなさそうに見えて、実は外敵に対抗する手段を持たない彼らが生み出した「生存戦略」なんだそうです。

 

チンアナゴは非常に繊細で警戒心が強いため、敵が近づいても泳いで逃げることはせず、砂の中に隠れます。もし1匹でいると背後から近づいてきた敵に気づくことができない場合もありますが、群れになっていれば誰かが潜った時点で「危険だ!」と判断ができるため、固まって生活しているのです。

 

尻尾で作る巣穴の直径は1匹のチンアナゴがギリギリ収まるほどの幅で、外敵の侵入を決して許しません。深さは体の2.5倍ほどもあり、形状はまっすぐなものもあれば途中で曲がっているものもあるなど、さまざまです。

 

チンアナゴの全長は?種類ごとに紹介

「チンアナゴ」とひとくくりで呼ばれることが多いのですが、実は世界に約30種ものなかまがいます。よく見るとそれぞれ柄や顔つきも異なっています。簡単に名前や特徴を紹介していきます!

 

チンアナゴ属

チンアナゴ

全長は約30cm。丸みを帯びた顔つきで、黒ベースの体に白いウロコのような模様が全身に入っています。黒目のまわりが黄色いのも特徴的です。

 

ゼブラアナゴ

全長は30cm前後。白い体で背面にシマウマのような黒い縞模様が入っているのが特徴です。絶滅危惧種に指定されています。日本では西表島近海に生息しています。

テイラーズガーデンイール
全長は40cm前後。明るい黄色のベースカラーで、全身に黒い斑点模様があります。

 

シンジュアナゴ属

ニシキアナゴ

全長は約40cm前後。水族館などでもよく見かける種類です。オレンジと白の縞模様が特徴で、錦糸の織物のような美しく華やかな色合いをしていることから名付けられました。チンアナゴよりも面長な顔つきです。

 

ホワイトスポットガーデンイール

全長は平均70cm前後と大きめ。うっすらと茶色がかった体をベースに白い斑点模様があります。2018年現在レッドリストに載っており、絶滅が懸念されています。ニシキアナゴ同様、面長です。

 

シンジュアナゴ

全長は平均して約1mもあり、チンアナゴの中でも最も大きな種類だといえるでしょう。体は黒色で、側面に白い斑点が一列に続いているのが特徴です。

 

いま話題の新種?!ニゲミズチンアナゴとは?

全長約70cmとチンアナゴの中でも大型。薄茶色の体に濃い茶色の水玉模様と、えらぶたの上にある大きな半円上の斑紋が特徴です。

 

遠くからは蜃気楼の一種である「逃げ水」のように見え、警戒心が強く近づくとスッと姿を消してしまうことから名付けられたのだそうです。2018年5月に新種と判明しました。沖縄県宮古島諸島などアジア太平洋に分布する可能性があるらしいですが、詳しい分布や生態はいまだ不明なのだそう。

 

さいごに

ここでさらに豆知識!「1」という数字が、チンアナゴがゆらゆらと砂から顔を出している姿を連想させるということで、11月11日はチンアナゴの日なんだそうですよ。水族館ではイベントをやっていることも!

 

見た目の可愛さだけでなく、生態も興味深いチンアナゴ。「もっと知りたい!」と気になった方はぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

関連情報

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲグッズを
販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、
アクセサリー、雑貨、インテリアなどのアイテムは、日常に癒しを求めている方に
おすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

商号 有限会社ラ・トルティユー
住所 〒155-0033
東京都世田谷区代田2-13-13
営業時間 12:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 中田和代 (ナカタカズヨ)
E-mail info@mellyvellyjelly.com

コメントは受け付けていません。

特集