クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー) melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲグッズを販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、アクセサリー、雑貨、インテリアなどのアイテムは、日常に癒しを求めている方におすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

意外と知らないサンゴの変わった生態とは?

サンゴ礁

 

海の森「サンゴ礁」の生態って知ってますか?

 

この記事を読むための時間:3分

 

水族館などでよく見かける割には、あまり知られていないサンゴの生態。実は人が快適に暮らす上でも、大切な役割を果たしています。今回はそんなサンゴの変わった生態についてご紹介します。

 

サンゴって植物なの?生態とは…

海の中を彩るサンゴ礁は「海の森」とも呼ばれ、我々の目を楽しませてくれます。森というと植物のように思われがちですが、実は動物なんです。ほぼすべてが水界に生息し、「刺胞」というミクロの毒針を持つ、刺胞動物の一種です。仲間にはクラゲやイソギンチャクがいます。

 

食べ物と排出物が同じところから出入りする構造になっています。一度サンゴ群体を形成すると、ずっとその中で暮らします。ご飯を食べるときは中から触手を伸ばして、流れてくるプランクトンを捕まえて食べます。

 

サンゴって硬いの?

サンゴにも色々な種類があり、硬い種もいれば柔らかい種もいます。硬い種はハードコーラルや宝石サンゴといい、強固な石灰質の骨格を持った種です。そのため、ポリプと共肉以外は、触ると石のように硬いです。柔らかい種はソフトコーラルや軟質サンゴといい、細かい石灰質の骨格(骨片)を体の中にバラバラの状態で保持しているので、全体的に柔らかいです。

 

サンゴの特徴でもある「ポリプ」とは?

サンゴには「ポリプ」と呼ばれる個体が分裂して群体をつくる、刺胞動物の体の構造が備わっています。。ポリプそのものが生物であり、一定の場所に固着して生活をするのに敵した性質です。円筒形の体に触手を生やしたイソギンチャクのような見た目をしていて、出口のない袋状の消化管を持っています。非常に小さな個体で、元の大きさは数㎜から数㎝程度です。

 

サンゴの種類

世界には約800種類ものサンゴが存在します。日本では約200種確認されており、伊豆諸島南部から小笠原諸島にかけてと、九州北部の玄界灘を北限に奄美諸島や沖縄列島などで見ることができます。大きく分けるとサンゴ礁をつくる「造礁サンゴ」と単体で生息する「非造礁サンゴ」の2つに分類することができます。

 

造礁サンゴ

外敵から身を守るために石灰質の骨格を形成する特徴を持っています。自らつくり出した石や岩のような周りを覆うように住み着いている状態です。造礁サンゴの成長と共に大きくなり、環境に応じた形体となり、長い年月をかけ「サンゴ礁」と言われる立派な地形をつくるのです。

 

非造礁サンゴ

単体で生息するサンゴの総称です。ほとんどがやや深い海底に生活するので、深海サンゴとも呼ばれます。深海でゆっくりと成長するのが特徴です。

 

サンゴの暮らしについて

ソフトコーラルのほとんどは、体内に「褐虫藻」と呼ばれる直径0.01mmほどの藻類を生やして共生しています。プランクトンを餌として取り込む以外でも、褐虫藻は太陽光を受けて光合成をし、得られた光合成産物を取り込む必要性から、太陽光が届きやすい深度20~30mの浅海に生息しています。多くのサンゴが褐色や緑色に見えるのは、石灰質でできている共骨のあいだを埋めている半透明の共肉と呼ばれる部分に、褐虫藻がいるからなのです。密度が高いほど、その色は濃くなると言われています。

 

一方、太陽の届かない深海に棲む宝石サンゴは、褐虫藻と共生せず「非造礁性サンゴ」とも呼ばれます。群生したサンゴから成る「サンゴ礁」を発達させるためには、塩分濃度が高くて綺麗な海水が必要です。大量の土砂や淡水が流れ込む海では、サンゴは発達しません。

 

サンゴの役割って?

サンゴは、動物でありながら植物のように二酸化炭素を吸収し、酸素をつくりだす働きをしています。これはサンゴ自体の働きではなく、ポリプ内に共生する褐虫藻の働きによるものです。また、海を浄化する働きや天然の防波堤としての役割、他の生物への影響など、海中だけではなく地球にとって大変大きな役割を果たしています。

 

サンゴって寿命はあるの?

サンゴも生き物なので、死はつきものです。ただし、寿命ではありません。なぜなら、サンゴはクローンをつくり続けることで増殖し、半永久的に生き続けることができるからです。 野生でも飼育されるサンゴでも、環境が安定していれば100年でも1000年でも生きることが可能なのです。

 

サンゴは気候変動によるストレスや水質汚染、オニヒトデなどの天敵に食べられることで、褐虫藻が出ていってしまい「白化現象(透明な共肉の下にある石灰質の白い骨格が透けて見える)」が起こり死んでいきます。ポリプが死ぬと共肉が分解し、炭酸カルシウムでできた真っ白な骨格だけが残ります。やがてはこの骨格ももろくなり、崩れさるのです。

 

まとめ

本記事ではサンゴが硬いのか?寿命はあるのか?など、意外と知られていないサンゴの生態について掘り下げてみました。水族館へ行った際には魚だけではなく、ぜひサンゴにも注目してみてくださいね。

関連情報

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲグッズを
販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、
アクセサリー、雑貨、インテリアなどのアイテムは、日常に癒しを求めている方に
おすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

商号 有限会社ラ・トルティユー
住所 〒155-0033
東京都世田谷区代田2-13-13
営業時間 12:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 中田和代 (ナカタカズヨ)
E-mail info@mellyvellyjelly.com

コメントは受け付けていません。

特集