クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー) melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲグッズを販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、アクセサリー、雑貨、インテリアなどのアイテムは、日常に癒しを求めている方におすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

イソギンチャクってどんな生き物?

イソギンチャク

 

海の中でゆらゆら揺れるイソギンチャク、不思議なその生態とは?

 

この記事を読むための時間:3分

 

色鮮やかな触手をゆらゆら揺らせるイソギンチャクは、まるで風に揺らめく花のようにも見えますよね。今回はそんな魚と一緒で私たちの目を楽しませてくれるイソギンチャクの生態や特徴、飼いやすい種類などを紹介します。

 

イソギンチャクとは?名前の由来も紹介

イソギンチャクは世界中の海に生息し、プランクトンなどを食べる無脊椎動物です。種類は約800~1000種類もいると言われています。なんと6億年も前から地球に存在しており、都度環境の変化に適応させ今もなお生き続けているという、実はすごい生き物なんです!
基本的に円筒形をしており、触るとやわらかいです。干潮の時の潮だまりにいるイソギンチャクは上側にある口をギュッと閉じていることが多いです。その見た目が巾着に似ていることから「磯巾着」という名前が付けられたと考えられています。

 

イソギンチャクはプランクトンを食べる以外にも、栄養をとる手段を持っています。イソギンチャクの体にはサンゴと同じく「 褐虫藻」と呼ばれるプランクトンのようなものが住み着いています。光合成をする能力を持っており、イソギンチャクに光合成産物を与え、代わりに住む場所を提供してもらっている共生関係にあるのです。

 

イソギンチャクの特徴

触手に刺胞を持つイソギンチャクは「刺胞動物」に分類されています。多くの刺胞動物が群れて行動するのですが、イソギンチャクは単独行動を行い、群れを作りません。無性生殖も行いますが、基本的には雌雄異体で、体外受精でその数を増やしていきます。
クラゲやサンゴもこの「刺胞動物」の仲間です。

 

また、歩くことができるのも特徴の1つです。ウミウシやヒトデなどの天敵に遭遇したときや、より適した場所へ行きたいときに移動するそうです。吸盤と足の両方の性質を備えた「足盤」を使って岩に張り付いているだけで、1時間に数cm程度ですが移動することができます。中にはジャンプをして動く種もあるんだとか。。

 

イソギンチャクの生態

多くのイソギンチャクは岩の上で生活し、魚や甲殻類を食するのではなく、海中のプランクトンを食べていることが多いです。

 

口の周りには触手がある種が多いのですが、触手には刺胞があり獲物をしびれさせる毒を持っています。ほとんどの魚は毒針を恐れて、必要以上にイソギンチャクには近づきません。しかし、カクレクマノミにはイソギンチャクの毒に強い耐性があるため共生することが可能です。飼育下ではほかの魚がイソギンチャクに近づくとプランクトンが少なく、捕食されてしまうことが多いです。そのため水槽にイソギンチャクを加える場合は、魚との相性を確かめてから導入することが必要です。

 

また、イソギンチャクに人が刺されてしまうと、刺胞の毒によって皮膚の痛みや腫脹、発赤が起こり、発熱やめまいを引き起こす恐れがあります。触る際には十分に気を付けてくださいね。

 

イソギンチャクの繁殖方法

イソギンチャクも他の動物と同じく有性生殖を行います。多くのものは雌雄異体で、それぞれ精子と卵を発達させますが、中には雌雄同体の種類もあります。また無性生殖を行う種類もあり、方法はいくつもあります。

 

イソギンチャクの寿命

イソギンチャクの寿命は、まだ明確なことは分かっていません。それは木の年輪のような年齢を調べるための材料がないからだと言われています。ですが、イギリスで飼育されていたイソギンチャクが70年以上生きた、という記録が残っています。このことから意外と長生きをするのでは?と考えられています。

 

飼育しやすいイソギンチャクって?

・サンゴイソギンチャク
・センジュイソギンチャク
・タマイタダキイソギンンチャク

 

上記の種は比較的飼育がしやすい上に、クマノミも喜んで中に入る傾向があります。色鮮やかかつ短くて丸い触手を持つことから、マリンアクアリウムの景観をさらに美しくしてくれるイソギンチャクでもあります。刺胞毒も弱い方ではありますが、弱いと言っても毒があることには変わりがありません。毒に弱い種との飼育はおすすめできませんし、
皮膚が弱い方は手袋をして触るのが好ましいです。

 

まとめ

人気アニメ映画「ファインディング・ニモ」の影響で人気が高まったカクレクマノミやイソギンチャク、ナンヨウハギなどを取り扱い始めたアクアリウムショップが増えてきました。あまり餌は必要ないので、比較的飼いやすい生き物だと思います。興味がある方はぜひ観に行ってみては?

関連情報

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲグッズを
販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、
アクセサリー、雑貨、インテリアなどのアイテムは、日常に癒しを求めている方に
おすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

商号 有限会社ラ・トルティユー
住所 〒155-0033
東京都世田谷区代田2-13-13
営業時間 12:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 中田和代 (ナカタカズヨ)
E-mail info@mellyvellyjelly.com

コメントは受け付けていません。

特集