クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー) melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲアイテムを販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、Tシャツ、クッション、マスク、スマホケースなどのグッズは、日常に癒しを求めている方におすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

30代・独身・一人暮らし女性の生活費の中身とは?

一人暮らし

 

30代独身女性の一人暮らしにかかる生活費の内訳

 

この記事を読むための時間:3分

 

一人暮らしをするなら、必ず知っておきたいのが1カ月にかかる生活費の中身。
月の収入の中でやりくりするのですから、無駄な部分はなるべく省いておきたいものです。
ここでは、一人暮らしにかかる生活費の内訳や無駄を省くポイントなどをご紹介します。

 

家賃

生活費の中で一番大きな支出である家賃は、一般的に月の収入の30%ぐらいが目安とされています。
これだけは節約のしようがない固定費ですので、物件選びは慎重に。

女性の一人暮らしなのでセキュリティー面での妥協はできませんが、駅が近かったり買い物に便利な場所は比較的家賃が高いため、予算と合わない場合は、エリアを広げると良いでしょう。

 

水道光熱費

電気、ガス、水道など、生活する上で必ず必要なライフライン。
総務省統計局の調査では、一人暮らしの女性が支払う水道光熱費の平均は7,433円となっていますが、エアコンなどの空調機器を頻繁に使う季節は、極端に高くなってしまうことも。
節約を意識するかしないかで、支払う金額が大きく変わる費用です。

 

食費

総務省の調査によると、一人暮らしの女性が支払う食費の平均は39,388円。
外食中心ならこの金額をはるかに超えてしまうこともありますが、自炊なら半分に抑えることも可能。
ただし、やみくもに食費を削ると体調を崩して医療費がかかる恐れもあるため、栄養を考えてバランス良く。
休日にまとめて作り置きなどをしておくと、お昼のお弁当づくりも苦にはなりません。

 

日用消耗品

ティッシュやトイレットペーパーをはじめ、シャンプーや石鹸、歯磨き粉や洗濯洗剤、柔軟剤、キッチン用品、ゴミ袋など、挙げればきりがないほどたくさんの日用消耗品があります。
実家ではあたりまえのように使っていた人でも、自分で購入するようになると、無駄な使い方をすることがなくなります。

 

通信費

今やスマホやパソコンは生活の一部となり、持っていない人がいないくらいの普及率です。
一度契約をすると、機種変更をしない限りプランを見直すこともなく、高い通信費を支払い続けるという人も少なくありません。
しかし大手キャリアは激しい競争の中で、新たな契約プランを打ち出すことがよくあるので、定期的な見直しが必要です。
また、年々利用者が増えている格安スマホも、通信品質が向上しています。
乗り換えれば大きな節約になりますので、検討する価値は大いにあるでしょう。

 

交際費

交際費は自己完結できるものではないため、節約が少々難しい費用です。
食事や飲み会のお誘いを断って節約しても、結婚披露宴に出席するだけで大きく家計を圧迫します。
その上、毎月決まった額が出ていくわけではない上に変動幅が大きいため、予測しにくいという難点が。

総務省によると、一人暮らしの女性の平均交際費は14,305円で、平均収入の4.6%に当たります。
これを自分の収入に当てはめて、予算を設けるのもひとつの方法です。
例えば、税引き前の1カ月の収入が、250,000円だとすると、その4.6%の11,500円を1カ月の交際費と考え、使わなかった月は翌月に繰り越していきます。
最終的に1年間で支出した額が年収の4.6%よりも高い場合は、全国平均よりも交際費が多いということがわかるためひとつの目安になります。

 

趣味・娯楽

お金がかかる趣味や習い事をしている人は、それまでどれくらいのお金を費やしてきたのかを振り返ってみる良い機会です。
価値ある出費であったと思えるなら無理にやめる必要はありませんが、家計を圧迫するような金額の場合は、見直しが必要なことも。
一人暮らしと天秤にかけて、どちらが自分にとって有益なのかを考えましょう。

 

まとめ

初めて一人暮らしをする人は、生活にどんなお金がかかるのかを事前に知ることが必要です。
実際に生活を始めてから慌てることのないよう、計画をしっかり立てることで不安も解消され、楽しい一人暮らし生活をスタートできるでしょう。

(参考:総務省統計局 年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出/~34歳/女性/単身/勤労者世帯

関連情報

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

クラゲグッズ専門セレクトショップ|melly velly jelly(メリーベリージェリー)

melly velly jelly(メリーベリージェリー)では、Life with jellyfishをテーマにクラゲアイテムを
販売しております。「見ているだけで癒される」と人気のあるくらげがデザインされた、
Tシャツ、クッション、マスク、スマホケースなどのグッズは、日常に癒しを求めている方に
おすすめです。おしゃれな方へのプレゼントとしてもおすすめできます。

屋号 melly velly jelly(メリーベリージェリー)
住所 〒155-0033
東京都世田谷区代田2-13-13
営業時間 12:00~17:00
定休日:土日祝日
代表者名 中田和代 (ナカタカズヨ)
E-mail info@mellyvellyjelly.com

コメントは受け付けていません。

特集